ITUYOGA

特定の流派には属さないハートオブヨガという理念を持ったヨガの先生。

メッセージ

「準備は全力で。本番は力を抜いて」を実現させるために僕がしてること

仕事でうまくいき続ける人はいない。若い人に限らず、ベテランであっても成功し続けるというのは稀だ。 僕は、本番で成功するには準備を本番同様に全力で行うことが肝心だと思っている。 大学時代の恩師であるT先生は「本番で成功するためには準備が8割だよ…

死にかけたおかげで、「神様はここにいる!」と実感した。

神様は湖の上じゃなく、そこにいた 数日前に、経済状態がやばいということを告白した。こちらの『言い訳をやめると、透明度を取り戻せる。 - ITUYOGA』という記事でその詳細を記した。そうしたら不思議なことに、ブログを読んでくれた方から、「お米送ります…

言い訳をやめると、透明度を取り戻せる。

言い訳をすればするほど、自分が曇っていく。言い訳をやめるって、厳しいようにも思えるけど、透明に戻るために必要。「これがなかったから」「あれがなくなったから」とか理由をつけて弁明することは際限なくできる。でも、そうするたびに本音が隠れてしま…

好きなことをやっている最中に死ねば、年齢に関係なく大往生だ

「お前はまだまだ青い!出直せ!」 という烙印を押された場合にとる行動 諦めて別の道へ 成長し、成果を出す 僕は後者を選んだ。成長したいというよりも、成果を出したい。その途中に成長があるだけで、成長は目的ではない。目的は生産物、すなわち成果だ。…

準備のいらない身体と頭を作っておく

―――僕たちは諏訪湖の周りを一直線に進む。 あたりは暗く、帰る途中と思われる自動車と寒風が走り抜けている。昼すぎに歩いた時の記憶と、目の前の光景を比較すれば一目瞭然だ。歩いている人はほとんど見られず、いたとしてもどことなく足早だ。 僕らは視線を…

自分を幸せにすることを許せば、もっと楽に生きられる【幸せ肯定論】

―――第一印象は黒だった。 2016年の年の瀬。年末セールの文字があちこちに見られる。家電量販店ではSIMフリーの販売に勤しむスタッフが所狭しで接客をしている。仕事をきっちり終わらせて2017年を迎えようという勢いがあるように思えた。 「このSIMフリーのキ…

褒め言葉は生涯で使い切れないくらいストックするくらいで、ちょうどいい

紺色の和服にワインレッドのブランケットをなびかせて向かった先は新宿のとあるカフェだ。僕がドアの前に立つと、自動ドアのシステムが感知して扉を開けた。 ドアくらい自分で開けられると、思わなくもないが、自動ドアの仕事を奪ってしまうのも申し訳ないと…

お金はなくても平気だが、笑顔がなければ人は簡単に死ねる。

「お金なんかなくたって、平気だ」というのは99%事実だ。 でも笑顔がなくなったら、確実に死ねる。月に10万円だけで生きれるくらいミニマルな生活してるけど、笑ってられなければ死ぬに違いない。 だから、笑っていられるだけの友人関係とか、仕事の選び方…

心に響かない摩擦力ゼロな意見はやめて、本音をさらけ出す人生を送りたい

// 僕は結構、キレキレな言葉を使う。誰かを傷つけたいと思うことは一度たりとてない。嫌われたいとは思わないけど、嫌いな人に好かれたいとは思わない。 貴重な人生のリソースを奪う人 人を批判することを生きがいにしてる人 後出しジャンケン的にあれこれ…

69億9999万9990人に嫌われても、10人応援してくれるなら生きていける

// 「例え69億人に嫌われても、みなさんが応援してくれるなら生きていけます」 柏原ゆうたは朗らかな様子で語った。 呼吸は良薬vol.8が無事に修了しました。vol.9は年明けとなります。2017年1月21日(土)の13:00~となっています。 【呼吸は良薬】長野県茅野…

この人を応援したい!という思いは見返りすら求めずに動き出す

// 嬉しいことに12/10(土)に呼吸は良薬vol.8を開催いたします。早いものでもう8回目、無事に続いています。 【呼吸は良薬】長野県茅野市ふたば玉川薬局にて動く呼吸法の講座を開催中 - ITUYOGA 来年の1/31(火)には塩尻市にて「ハートオブヨガ」のグルー…

人に相談されたときは自分の論理に巻き込まないで、その人のやりたいことをハッキリさせてあげて

// 僕はいま、玄米と幸せを一緒に噛み締めている。良質な炭水化物、ミネラル、ビタミン、幸福が含まれた玄米はこれ以上ない、完全食だ。なぜ栄養の中に幸福が含まれているのかといえば、発端は11月に来たメールだ。

「できる!」という暗示より「できちゃうんだろうな」という確信。それは未来予知。

// 「できる!」って自己暗示よりも「ああ、できちゃんだろうな」って確信があるときの方が安心して動けるし、その状態を目指したい。 ―――11月が顔を隠して、12月の吐息が肌に刺さる日だった。 師走がひょっこり顔を出し、フライング気味に積もった雪が窓か…

思い切って「崖」から飛び降りてみると7割は生きてる。なので飛び降りてみた。

// ―――夢の中で、僕は崖から飛び降りた。 グングン近づいてくるゴツゴツとした岩肌と土。意識だけは鮮明で状況を把握していた。恐怖もあったが、「もうどうにでもなれ」という思いだった。 そのあとはよく覚えていないが、無事に目を覚ました。

「喜びとともに練習する」という宇宙レベルの原理を守りたい。

// 2年近い親交のある大切な生徒さんとのプライベートレッスンをした。なんともありがたいことに「霞(かすみ)だけじゃ生きていけませんから」とパンをいただいた。ぼくは「霞を食っててよかった!」と思えた。実際には霞なんて消化できないのでプロテイン…

雨の日をウソでも楽しみだと言える人は、心のお空に太陽が顔を出す。

ーーーしとしとしと。 ある土曜日の薄暗い雨の中。ぼくは電車に乗った。 ようやく雨が好きになれた。雨の日があるから晴れの日の暖かさがわかる。 雨は晴れの尊さを強めてくれる。月のような穏やかな世界。 晴れは雨の恵みを強調させる。月を照らす太陽のよ…

この現代で普通でいることが難しいのだけれど。 ぼくはそのお手伝いをしていけたらと思うよ。【無料マガジン連載開始】

// 無料のマガジン執筆中です。ブログよりもずっと気楽に読めて、純粋すぎるくらいに書きたいことを書いてます。

【本、贈ります】所有ではなく、共有。大好きな本をあなたに譲ってもいい?【いつヨガ文庫】

// ここ数ヵ月で、読みたかった本をAmazonほしい物リストからいくつか送っていただいた。 本が届くと、年甲斐もなくクリスマスプレゼントをもらった子どものようにはしゃいでしまう。 ブログを読んでくださるサンタクロースのあなたに、心から感謝を。 本当…

あなたはあなたのまま、生きていてください。30歳になった僕へ。25歳の僕からの手紙。

//

人を支援することは、お金、想い、時間をその人に預けること。ぺーたーずの『 BAR × ひみつきち 』活動を全力で応援することにした

2016年12月19日 追記

「よくぞ生きていてくれた」という気持ちの芽生える相手こそ、友人にすべき存在。

// 朝を迎えると、まず舌磨きをして、歯磨きをする。タングスクレーパーは舌のヨガだ。白湯を沸かして飲む。まだ甘味を感じられるほどの体質ではないが、嫌な味はしない。むしろ内臓にやさしい暖かさが伝わる。アーユルベーダの知識では白湯を甘く感じられる…

弱さは希望の光だと、彼は言った。弱さと強さは別のものじゃない。一つの性質がもつ別の顔だ。

// この前、仕事でミスをして多くの方、特に上層部に迷惑をかけてしまった。忙しい中で起きたこととはいえ、失礼なことだったし、多くの方に対して申し訳なく思う。そんなショックからしばらく寝込み、金曜日は情けないことに丸一日布団にこもっていた。なん…

問題を解決しないことも、一つの解決法なのかもしれない。答えの出せない問題なんて、いくらでもある。

// ここ数日、清貧暮らしをエンジョイしている自分がいる。考えられないほど少ない収入でも、人はなんとか暮らすことができる。今日はナスが安かったので焼いて砂糖醤油の出汁に浸けて食べた。安い食材でも、調理しだいでご馳走になる。そうそう、11月19…

言葉は勇気にも、武器にも、癒しにもなるエネルギーだ。想いを言語という鋳型にいれてみよう。

// 誰にだって、生まれてから今日までの積み上げた知識があり、経験がある。経験から得た教訓や考察を言葉にできることは強みだ。逆に言語化できないと経験は次の世代に引き継ぐことができない。言語化という行為は、経験を形あるものにする鋳造だ。形になっ…

特別になろうとせず、普通にしていればそれでいいんだぜ。この世界には遊びに来ているだけだって忘れてない?

// ―――悟りの境地に立ってから、もうすぐ一年になる。 というと語弊がある。けど、ぼくが一年前に知ったマーク・ウィットウェル*1の話だと、人は普通の状態がすでに悟りの境地にいるんだと。で、その境地を実感するのに自分のカラダ、呼吸、その他もろもろと…

将来、すごい人になる人は、無名の時に応援をもらって成長する。

// ある生徒さんに「先生はいつか予約もできないほどの先生になってますよ」と言われた。根拠はなくたっていい。その言葉が、ぼくをそこに連れていく。 — かしわばら (@YutaKashiwabara) August 22, 2016 先生はいつか予約もできないほどの先生になってますよ…

もうそんなに消耗しなくていい。あなたは生きているだけで充分にすばらしい。

// 胸が痛くてならない。自分と変わらない年齢の女の子が過重労働が原因で亡くなるなんて、あってはならない。戦争はなくなったが、自殺は目に見えて増えた。 追い込まれている人ほど、助けを求める余裕がない。ぼくも似た経験がある。もしあの状況が数年続…

年を重ねることが楽しくなる生き方をすることが、老化を防ぐ最強のアンチエイジング

// このたび、無事に25歳の誕生日を迎えました。 今まで生きてこれたのが自力じゃなくて、ほとんどは他力だってことに気がつくと感謝せざるをえない。 仕事をするにしても、活動をするにしても多くの支援や応援があるからこそ。 いつも、ありがとう。

好意的な気持ちは「あなたが生きているだけでうれしい」からスタートする。

// 自転車を漕いでいく。駐輪場に止めると学ランを整え、通学カバンを背負い直して、本のジャングルに出迎えてもらう。 たまたま運良く、密かに想いを寄せる人が雑誌をめくっていた。ぼくに気がついて、「よっ、柏原も本買いに来たのか?」とちょっとボーイ…

あなたにおすすめしたいブログがあるのだが、読んでもらえないだろうか

人が何を考えているのか、何を思い、何を伝えたいのかを発掘するのにブログは役に立つ。 まずなにより、自分のことがわかってくる。購読リストに入れている人たちのことも、ちょっとずつわかってくる。 誰かのブログを読み続けることで、自分には思いもつか…

喜びに主体も客体もない。一緒に笑って、喜んで、ともに花開いていきたい。

// 「カラスと一緒に帰りましょう」 そんなチャイムが夕焼けに響く。長野の夕方は静かで、どこか厳かな。それでいて親しみやすい。通学路には植え込みが「おかえり」を伝えてくれる。 ぼくは子どもが下校する時間になると仕事へ繰り出す。仕事を終えて身体を…

ほしい物をもらえるって、最高に愛を実感できる瞬間じゃないか。ギフトは人の背中を押してくれる。

//

そんな必死にならなくても、あなたはステキだよ。習慣を心地よく続けるコツは、少なく絞ること。

// ヨガを途中で辞めてしまう多くの人が、その楽しさを見出す前に、ポーズの出来る出来ないにこだわり過ぎで、その本質を見失ってしまいます。 ヨガ講師 ゆきお たくさんの技や種目をこなすことが目的じゃないのに、それにこだわるあまりやめてしまう人が多…

自分の経験したようにそれを伝える。いい先生でいるために必要なことについて。

// 空がオレンジ色のカーテンをかけられる頃、夕方のヨガクラスに向かう。 毎回思うのだけれど、そこで見る景色が同じだったことは一度もない。 どんなに変化に乏しい毎日でも、空や心のお天気は変わり続けている。 すれ違う人の姿勢。となりに座るおっさん…

愛を送ると、受け取れる。赤裸々に自分をさらけ出してたら、読みたかった本のレポートをいただいた。

// 吸う息で愛を招き入れて。吐く息で感謝を送り出して。 ヨガのことわざ 詠み人知らず

想いを乗せてあなたにメッセージを届けたい。このブログは愛と癒しの手紙です。

//

深刻にならず、ユーモアをぶちこめば息継ぎができる。

// 真剣だけど深刻にならない ぼくはおそらく、深刻にものごとを考えすぎてしまうクセがある。ぼくという人をご存知の方は知ってるかもしれないが、非常に失敗をすることが多い。 アホなのか、なんなのか、よく失敗して深刻に悩んでしまう。 自分は不完全な…