読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITUYOGA

特定の流派には属さないハートオブヨガという理念を持ったヨガの先生。

雨の日をウソでも楽しみだと言える人は、心のお空に太陽が顔を出す。

メッセージ

 

f:id:kasiwabara2013:20161120065913j:plain

ーーーしとしとしと。

ある土曜日の薄暗い雨の中。ぼくは電車に乗った。

 

ようやく雨が好きになれた。雨の日があるから晴れの日の暖かさがわかる。

雨は晴れの尊さを強めてくれる。月のような穏やかな世界。

晴れは雨の恵みを強調させる。月を照らす太陽のような存在。

天候はバラバラのものではなくて、互いが互いを支え合う。

うまくいかない雨のような日

置いてもらうようにお願いしてもパンフレットを置いてもらえなかったりする。市民館のパンフレットコーナーに置いてもらうようかけあってみた。だけど後日見てもそこにはなかった。

イベント同日に同業者が大きな講演会をしていたり。大きい公演会場を使って、あちこちにポスターが貼ってあって。遠くのお店にもポスターが貼ってあったりして驚いた。

ちょっとした勘違いから相手を怒らせ、コンサルティングを途中で投げ出されてしまったりもした。せっかくつながった人と勘違いから離れてしまうのは悲しいことだ。

 

でも大丈夫。そんな時にウソでも笑ってみる。ちょっと欝になりそうなとき、あえて笑って雨を楽しむようにね。

そしたら、仕事の依頼をいただいたことを思い出せたりする。ブログを読んで連絡をくれた人のことを思い出す。雨の降る心に太陽がニッコリ顔を出す。太陽の暖かさでもっとポカポカする。 

呼吸は良薬vol.7無事に修了

掲載許可を得ています

イベントの同日に同じ地域で健康体操のイベントがあったけど、こっちはこっち。ぼくはぼくのイベントに来てくれた人たちと向き合っていく。ちゃんと目の前にいる人に誠実に向き合えば、ぼくも来てくれた人も真剣に楽しめる。

そういえば来てくれたおばあちゃんが「ここにくるとパワーをもらえます」とすばらしい言葉を頂戴した。身が震えるような思いだ。こんな嬉しいこと言ってもらえると、なにがなんでも続けていこうと思える。しかも今回は旦那さんも連れてきてくれた。

 

旦那さんは後期高齢者で体が硬いことを悩んでいた。背骨も丸くなって、猫背だった。最初はずっと下向きながら座ってたので心配だった。このおじいちゃん、このままだとどんどん小さくなっていってしまう。そうなってほしくなくて、一生懸命のケアをさせてもらった。

あお向けで休むポーズが終わって、おじいちゃんが立ち上がったらびっくりした。背骨がまっすぐ伸びていた。写真に取れば歴然だったが、いつも写真をとることを忘れるので(それだけ真剣に話をしちゃうので)データには残らない。だけど奥さんや周りの人は変化に気がついていた。

 

他にも、vol.1に参加してくれた方が「こんなに長く続いてると思わなかった!来れてよかった。言われたことを続けていたら体の調子がよくなったんです!」というコメントをくれた。続けていて良かった。ぼくは何年でも続けますよ!

こうやって、ちゃんと以前に蒔いた種が花を開くのだ。雨は花を咲かせるために必要さ。雨つぶに太陽が反射してキラキラ光るように、このイベントもすてきな時間になりました。ありがたい。

カルチャーセンターでハートオブヨガのレッスン開始

f:id:kasiwabara2013:20161120220910j:plain

 2017年の1月末から塩尻市にあるカルチャーセンターで「ハートオブヨガ」と「イスを使ったハートオブヨガ」のレッスンを開催させていただく運びとなりました。詳細はまた後日に告知します。

  • 塩尻市えんぱーくの向かい、デリシア3Fにあるカルチャーセンター
  • 第2・4週の火曜日、13:00~14:15と14:30~15:45
  • どなたでも参加できるよう、イスを使用することもできます
  • 2017年1月31日に体験日を設け、2月14日から正式にスタートします

 こういった優しい内容からはじめるので、全くの初心者、ヨガに挫折した人でも問題なく楽しむことが可能です。健全な体の動き方を取り戻し、体内年齢を10歳ほど若返らせることが期待できます。


【解説つき】毎日できる2分のハートオブヨガ【あお向けのみ】

 

 塩尻市でヨガができる教室はあるみたいだけど、ハートオブヨガはまだ広がっていない。長野支部長のぼくが奮起しないとなあ。

今回はカルチャーセンターの店長さんがこのブログを見つけ、連絡をしてくださった。本当にありがたいことだ。「自分のためのヨガ」という概念に気を惹かれたらしい。それはとてもすばらしいことだ。ハートオブヨガの要とも言える部分。

あれこれとミーティングをして、タイトル決めや内容の説明文を考えるのに悪戦苦闘。なんとかまとまってスタジオを見学させてもらう。とても立派だ。胸が踊る。収入として入る金額はけして多くないだろうけど、自分がやりたいヨガを教えられるのはほんとうに幸せなことだ。

 

スタッフの方々も酸欠からくる肩こりなどに悩まされていると聞いた。店長さんも含め、低体温で困っているらしい。ぜひ、スタッフの方にもハートオブヨガを味わってもらいたい。教室でのレッスンとかが終わって、仕事が終わったらスタッフ向けの特別クラスもやってみようと提案。形になってくれたら彼女らの健康のためにも役立つだろうな。

それに、自分らが集めている先生の教えてることを体験しておいたほうが今後、役に立つだろうし、仕事をするうえでもプラスになることは間違いない。

世界に平和がありますように

朝おきて、マントラを唱える。寒くてヨガの練習に身が入らないときは、マントラを唱えて部屋全体を清めるように。これがまた楽しい。仕事にむけて気分が乗ってくる。ティンシャとかマントラの音は場に神聖ななにかが流れていることを気づかせる。

どこにでも流れている空気みたいなものなんだけど、普段は空気のように気づかない。まさに空気!でも、ふと意識がむくように仕向けるとスーっと流れているものを感じる。凛と張り詰めたような心地のいい静寂。

OM Shnati Shnati Shnati

世界に平和がありますように。世界に平和がありますように。世界に平和がありますように。