ITUYOGA

特定の流派には属さないハートオブヨガという理念を持ったヨガの先生。

死にかけたおかげで、「神様はここにいる!」と実感した。

f:id:kasiwabara2013:20170216115441j:plain

神様は湖の上じゃなく、そこにいた

 数日前に、経済状態がやばいということを告白した。こちらの『言い訳をやめると、透明度を取り戻せる。 - ITUYOGA』という記事でその詳細を記した。そうしたら不思議なことに、ブログを読んでくれた方から、「お米送りますよ!」「大根があるから送るね!」という暖かいメッセージをいただいた。

僕は「神様はここにいた!」と喜びに震えた。連絡先のわかる方には、お礼のメッセージを涙目になりかけながら書いた。連絡先のわからない匿名の方には、この記事を通じてお礼を言いたい。

「困ったときはお互い様だよ」と言っていただいて、涙が出た。「就職祝いに」と、僕が本を贈った人から、お返しとして本を贈ってもらった。

 本当にありがとうございます。暖かい人に読まれているんだなあ、と強く実感しました。贅沢なんて、どうでもよくなるくらいに嬉しい気持ちだ。

 

 

玄米を5合、味噌汁と梅干を少し

f:id:kasiwabara2013:20170216115518j:image

食事はだいたいこんな感じ。玄米ごはんと梅干、お味噌汁。おやつに豆乳とバナナのスムージー。たまにレトルトカレーをいただく。腸内がすこぶる健康的で、体が軽い。

 お金が使えない極限状態だからこそ、いろいろなノイズが削ぎ落とされていく。体がどんなことを感じ、どう動こうとするのかがわかる。ただの散歩すら、瞑想のように研ぎ澄まされた時間になる。

 

 玄米はお水を1~2割増しで炊いてあげると柔らかくて食べやすい。一汁一菜でいただくと、幸せな気持ちになる。

玄米 秋田県産 あきたこまち 5kg 平成28年産

玄米 秋田県産 あきたこまち 5kg 平成28年産

 

 

「ここ、水じゃないの?」

f:id:kasiwabara2013:20170216115507j:image

お金は1円も使えないなので諏訪湖の周りを散歩をしたり、無料の足湯に通う。朝の湖は静かで、澄んでいる。

ここ数年は温暖とはいえ、諏訪湖は部分的に凍っている。たまに鳥が氷の上に降りてしまって、びっくりしていた。「え、ここ水じゃないの?」みたいな顔で溶けているとこまで歩く。かわいい。

 

 

足湯の点検をしているおじさんと話をした。

ここ、いい景色ですね。

「な、いい景色だろ」

はい。にしても寒いですね。

「見てみな。さみいから、濡れたとこが凍っちまう」

うわ、そんなに。そういえば、ここ数年で御神渡りってありますか?

「ないね。ここ数年はわりかしあったかいからな」

ここに住んでいる間に見てみたいです。

「引っ越してきたのかい?」

ええ、もっと北のほうから……お湯熱いですね。

「入れたての湯は50度近くある。気をつけて入れよ」

そんなに。

「俺は毎日こうやって、足湯の準備する。これが終わったら朝飯だ」

お疲れ様です。

「さて、家帰って飯だ。俺は毎日こんな地味なことしてる」

すごく大事な仕事だと思いますよ。絶対!!

「そうかい(笑)ありがとよ」

 

朝日は昇る

f:id:kasiwabara2013:20170216115551j:image

どん底に来てしまったから、あとは登るだけ。

なんとかがんばって、逆境を乗り越えてみせます。

 

Amazon欲しいものリストは公開し続けています。あるいは、なにか余っていて、贈っていただけるという心優しい方は、以下のアドレスをご利用ください。僕からできるお返しは限られていますが、僕にできることがあればなんでも言ってください。

 

☎080-5140-9669

✉kasiwabara2013@gmail.com

〒392-0027

長野県諏訪市湖岸通り4-11-8ハイツ舞姫2号室

柏原勇太 kashiwabara yuta