ITUYOGA

特定の流派には属さないハートオブヨガという理念を持ったヨガの先生。

「準備は全力で。本番は力を抜いて」を実現させるために僕がしてること

仕事でうまくいき続ける人はいない。若い人に限らず、ベテランであっても成功し続けるというのは稀だ。

僕は、本番で成功するには準備を本番同様に全力で行うことが肝心だと思っている。

大学時代の恩師であるT先生は「本番で成功するためには準備が8割だよ」と言っていた。

なので、準備が不十分であれば本番は緊張し、成功する可能性はグッと低くなる。

逆に、過剰なくらい準備に力を入れれば、本番はリラックスして取り組める。

 

f:id:kasiwabara2013:20170416010737j:plain

 

今、スターバックスで働いているが、準備不足が災いして失敗を続けている。忙しい日々が続いていたので、その原因を探る余裕もなかったが、ようやく突き止めることができた。

休日の余暇を活用し、準備に全力で取り掛かろうと思う。仕事の予習復習はもちろん、体調とメンタル管理も含む。

 

ここ最近、メンタル面でずいぶんと落ち込んでいる。一度休日に全部リセットして、明るい気持ちで仕事を迎えたい。

特にメンタルが鬱っぽいときは体調も優れず、睡眠時間が伸びて11時間以上にも及ぶこともしばしば。

体を思いっきり動かしたり、友達を会話をして気持ちを緩めよう。

 

僕が仕事の成果をあげる準備をするときにすることは大体3つになる。

  • 体をたくさん動かす
  • 友達を楽しい会話をする
  • 美味しいものを食べる

 

体をたくさん動かす

最近読んでいる本に、運動をすることで脳内にいい感じの物質(ドーパミン)が分泌されると書いてあった。実際、体を動かすと爽快感で一杯になる。しかも血色がよくなり、筋肉もついていいことづくめだ。

 

 むちゃくちゃ平易に書いてあるので、超おすすめ。教えたくないくらいw

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

 
脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

 

 

友達を楽しい会話をする

楽しい会話はなによりのリラクゼーションだ。たわいのない会話は、ある種の毛づくろいだという説がある。

 サルは毛づくろいをしてリラックスするけど、ニンゲンはその代替品として会話を使うようなのだ。確かに納得。

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

 
なぜ、この人と話をすると楽になるのか

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

 

 

 

美味しいものを食べる

あれこれ言う必要もないけど、美味いもん食って元気が出ないというのはおかしい。もし、出ないなら欝や病気の兆候だと思うので急いでカウンセリングにかかろう。

ヨガの先生っぽく健康志向なものを勧めるのが「ヨガの先生っぽい」けど、僕はそう思わない。わりとジャンクな食べ物でもいいと思う。

スターバックスの甘いフラペチーノだってカロリーはあるけど幸せになれるし、スーパーでポテチと炭酸飲料買ってくれば気軽にリラックスできる。摂り過ぎには注意ね。

 

 

準備を全力で取り組むだけで、本番は一気に楽になる

本番に弱いということは、準備が不足しているだけだ。だから、準備に過剰なくらい取り組むくらいでちょうどいい。わりと、「自分が全力でがんばった」レベルの努力がうまくいっている先輩のウォームアップ程度なんてことも(笑)

だから、準備に不足はあっても過剰はないと思っておけばいい。

じゃ、がんばりましょー!

 

P.S.

失敗続きで疲れてしまった人に贈りたい言葉