読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITUYOGA

特定の流派には属さないハートオブヨガという理念を持ったヨガの先生。

反響がありすぎて定員オーバー!?ワークショップや講座のフライヤー(チラシ)作成方法

tips

(2016/09/11 UPDATE:2016/09/07の記事に追記しました)

 

反響の得られるフライヤー(チラシ)を作ろう!

フライヤー(チラシ)の作り方は意外とシンプルな法則にのっとって作ればむずかしくない!でもその法則がわからないことがほとんど。ならば、その法則、僕なりの経験からお伝えしましょう。

これまでに講座を4回継続することができ、5ヶ月先までの予定も決定しています。最初は2回までの予定だったのですが、反響が大きかったために定期開催になりました。

もちろん講座の中身も大事ですが、フライヤー(チラシ)で人に知られないと絶対に人は集まりません。フライヤー(チラシ)は顔ですから。

 

目次

  1. おすすめのデザイン作成サービス
  2. よくないフライヤー(チラシ)の例
  3. 表面の作り方
  4. 裏面、片側のみの表面の作り方
  5. 配り方~100枚のチケットを数時間で配って掴んだマインド

おすすめのデザイン作成サービス

おすすめはここ。Picky-Pics(ピッキーピックス)

素人でも美しいフライヤー(チラシ)をデザインできます。

よくないフライヤー(チラシ)の例

あんまりよくないフライヤー(チラシ)をPicky-Pics(ピッキーピックス)5分で作ってみました。これはひどい

design (1)

じゃあぼくならどうするか、大幅に変えず最低限するべきことをするとこうなります。

design (2)

わかりますか?同じ情報でも、後者のほうが圧倒的に見やすいし、イケてる感じしませんか?

わからない方のために、ヒントをあげます。

  • フォント、文字サイズ
  • 文字の縦並び、行間
  • 余白

最低限、バラバラのフォントは使わないこと。できるだけ統一するか、使っても部分的に2種類にまとめる。

文字が縦にキレイに並ぶように揃える。とうぜん、上下の幅、行間も意識する。Picky-Pics(ピッキーピックス)ではガイドラインがついてて揃えるのが楽。余白が全体的に残っていること。

 

表面の作り方

読まれない表面はこんな感じでしょうか。いかにもごちゃっとしてて読む気が失せる。

design (3)

読まれる表面はこう。圧倒的に目を引く。こんなのが置いてあったら絶対に手に取るか、そうでなくても気になって二度見する。広告は心を動かしたモン勝ちだ。

design (4)

 

裏面、片側のみの表面の作り方

いつ、どこで、参加費、もちもの、連絡先は記入しておこう。キレイに揃えておけばとりあえずなんとかなる。Picky-Pics(ピッキーピックス)にはキレイに文字を揃えるためのガイド線が表示されるので楽に作れる。

design (5)

ちょっと身も蓋もないことですが

 

 

配り方~100枚のチケットを数時間で配って掴んだマインド

「このチラシもらってください。来てください」では紙ははけても人は来ない。

「あなたへのベネフィットがこんなものがありますよ。生活に彩りを出しますよ」っていう価値を提供していることを知ってもらえばいい。

 

手配りするなら笑顔で、なるべく来てくれそうな人に。急ぎ足の人に無理に配る必要はない。手を組んでたり、ポケットに手を突っ込んでたら配れないよね。

置きフライヤー(チラシ)ができるなら、インパクトのある表面が見えるようにして、手にとってもらおう。そのためにシンプルかつ迫力のあるデザインにするわけです。

ぼくはこのフライヤー(チラシ)のおかげで5回にわたるワークショップの開催ができました。


第2回目に定員オーバーをして、次回から値段を引き上げることになりました。今はバランスのいい人数を集められました。

design (60)

 

design

報告!

 

ご案内

「いつもブログとか見てるし、本の一冊でも買ってやろうか」
という愛に溢れた方がいましたらお願いします(*´∀`)

柏原ゆうたのほしい物リスト