読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITUYOGA

特定の流派には属さないハートオブヨガという理念を持ったヨガの先生。

小っ恥ずかしいけど、母には産んで育ててくれたことに感謝してる【母の日について調べた】


毎年5月になるとやってくるイベントというと、こどもの日や母の日が代表的ですよね。母の日というとカーネーションを贈るのが一般的ですが、お花以外にも様々なプレゼントを贈る人も多いです。母の日に贈るものには頭を悩まされますが、必要なのは知識ではありません。なによりも母親の笑顔を想像することが要訣です。

 

f:id:kasiwabara2013:20170519053700j:plain

そもそも母の日ってどんな日?


そもそも母の日ってどんな日なんでしょう?アメリカのアンナ・ジャービスという女性が母親に対する感謝の気持ちを白いカーネーションという形で表したのがきっかけと言われています。1914年にアメリカでは5月の第2日曜日を「母の日」と定めました。日本での起源は100年以上昔の1913年まで遡ることができます。アメリカと同じ5月の第2日曜日に固定されてたのは戦後の1949年頃からだと言われています。

 

お母さんを喜ばせる“お花のプレゼント”の選び方


母の日に贈るお花のプレゼントといえば、なんといってもカーネーションが代表的でしょう。母の日を世界に広めるきっかけを作ったアンナに倣って白いカーネーションなんかを贈るのは粋ではないでしょうか?カーネーションに手紙を添えて贈れば、立派なプレゼントです。あまり商業的なものを添えるより、シンプルに手紙を綴ったほうが嬉しいかもしれません。

 

サプライズもあり!?“お花以外のプレゼント”の選び方


大切なのは、プレゼントにかける金額ではありません。プレゼントを手にした母親が笑顔を浮かべるかどうかが全てであり、母の日を広めたアンナの考える理想的なプレゼントだと考えられます。
なんとアンナは、母の日に対する反対運動を亡くなるまで続けていました。理由は、商業的になりすぎてしまった流れに憤りを感じ、企業や大統領夫人に対する抗議をしたことすらあります。その背景には母の日の本当のルーツを思い出して、厳粛で神聖な本来の流れを取り戻して欲しかったからです。
今では日本でも商業的なイベントとなりつつある母の日ですが、一度はルーツに立ち返って本当の母の日らしいプレゼントにしてみてはいかがでしょうか。大切なのはプレゼントの金額ではなく、プレゼントを贈られた母親の笑顔です。

 

「母の日」、その起源と反対運動 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト


母の日を作るきっかけとなったアンナは財産を使い果たしてまで、商業的な母の日の流れに反抗をしました。アンナがその気になれば母の日を利用して大儲けをすることができたはずです。にも関わらず、そうしなかったのは母親への愛情と尊敬を第一に考えていたからでしょう。日本にいる私たちももう一度母の日に対して考えを改めてみる必要がありそうです。まずは、母親が笑顔を浮かべる姿を想像して心のこもった手紙を書いてみませんか。

 

母から頂いた女性性

 自分の中にある女性性は、母から頂いた大切なもの。吸う息(女性性)も大事にしようと思います。

 

ちなみに僕は手軽に飲めるコーヒーのセットと数種類の茶葉が楽しめるティーバッグを贈ることにしました。手間のかかる子どもだった僕を育ててくれたことに感謝を。日頃から頑張っている母に気持ちをこめた贈り物を用意しました。ありがとう。

 

スターバックス ティバーナ アソートセット 6袋入り

スターバックス ティバーナ アソートセット 6袋入り

 

 

スターバックス ヴィア コーヒーエッセンスギフト SV-22A

スターバックス ヴィア コーヒーエッセンスギフト SV-22A