読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITUYOGA

特定の流派には属さないハートオブヨガという理念を持ったヨガの先生。

ヨガ指導者養成講座を卒業するときに、投資に対するリターンについて考えておこう

f:id:kasiwabara2013:20170225002153j:plain

今週のお題「卒業」

全国各地でヨガ指導者養成講座に参加し、卒業するヨガインストラクターのタマゴたち。中にはヨガインストラクターにならずに、ヨガの学びを深めるだけという人もいる。

ここでは大多数である、ヨガインストラクターのタマゴに考えて欲しいことがある。ROEという言葉を知っているだろうか。軍隊で使われる「rules of engagemen(交戦規定)」ではなく、投資家や企業が使う「自己資本利益率(return on equity)」のほうだ。

 

ROE「自己資本利益率(return on equity)」とは

カンタンに説明すれば、「かけたお金に対して、どれくらいのリターンが得られるか」というものがROEだ。僕が21かそこらのときに、起業して社長になった先輩から教えてもらったことがある。

「この自己投資はどれくらいのリターンになるのかを考えていったほうがいいよ」

数年ほど、この言葉を忘れかけていたのだが、本でROEという単語をチラッと目にしてから思い出すに至った。自己投資をしているのに、なぜか儲からない、利益が得られない。こういうことに覚えはないだろうか。

ヨガ指導者養成講座を受けてみたはいいが、いざ卒業するとリターンのない学びになってしまっている。これでは、かけたお金が返ってこないではないか。これが企業であれば、「投資してみたが、1円の稼ぎにもならなかった」というリストラものの被害である。

合理的で、資本を追い求めることが役割である企業役員たちから見たら、非合理的で無駄な金と罵るにちがいない。あなたは、指導者養成講座やワークショップに金をかけたはいいが、リターンゼロの非合理的な結末を迎えていないだろうか。

 

ここで、ケーススタディといこう。

あなたは40万円の指導者養成講座を受講した、ヨガインストラクターだ。幸いにも教える場所を提供してもらえた。ひと駅離れたスタジオで、レッスンを持つことができたが、講座にかけた投資を回収するには何週間(何本)必要か。細かい雑費や税金はすべてないものとする。

  1. チケット1枚あたり1500円のレッスン。これを毎週1本開催。
  2. 場所代などに1人あたり500円取られ、チケット1枚あたりの収益は1000円。
  3. スタジオまでの電車代に往復400円かかる。
  4. 1レッスン平均3人の生徒が集まると仮定。

これを計算すると

  1. (1,500-500)×3人-400円=2,600円
  2. 2,600円×4週間=10,400円
  3. 400,000÷10,400=約38ヶ月

とまあ、3年以上の月日がかかってしまう。

これを1年で取り返すとしたら、同じ条件で教えられる場所をもう2箇所、あるいは同じスタジオで2レッスン増やすことがいいだろう。

 

投資に対して、利益がどれくらいか

必ずしも利益率が同じとは限らないが、卒業してから3レッスン(毎月3万円以上)持てるかどうかを基準に考えよう。「この投資に対して、どれくらいのリターンを得られるのか」ということを考えておくと、これからのヨガインストラクター人生の設計に役立つはずだ。

あるいは、これから新しく受けようとする養成講座への投資が、利益になるのか、利益に変えられるのかどうかを考えてみよう。40万円もかけて、1万円も回収できなければビジネスとしては破綻している。あなたの人生だ、合理的に考えよう。

 

料金の決め方について

正しい料金の決め方を知っておこう。間違った価格設定では、いつまでたっても投資した金額を回収することはできない。 

yuta.ituyoga.com