読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITUYOGA

特定の流派には属さないハートオブヨガという理念を持ったヨガの先生。

孤独を愛すべき10の理由|一人ぼっちほど、寂しさを乗り越えて成長できる

f:id:kasiwabara2013:20170214114903j:plain

「あいつ、ぼっちだ」は、孤独を怖がる小動物のセリフである。

学生のうちは特に、一人ぼっちでいる学生を馬鹿にする空気が流れる。だけど、実際には「あいつ、ぼっちだ」と馬鹿にする学生ほど孤独を恐れている。だから、群れている自分はセーフ、ぼっちの人を下に見ることで心の平穏を保っている。孤独の不安に人生を支配されている。

ハッキリ言って、ウジャウジャと群れていることのほうがダサい。群れた人間ほどゾロゾロと道をふさいで歩くのが得意で、通行人からしたらクリボーやノコノコと同じに見える。飲み会帰りのオジサンの群れがいい例だ。マリオのように甲羅でポコポコと弾き飛ばしたら気持ちいいと思う。< ヒアウィーゴー!!フッフー!!

もしあなたが、他人と合わないなと感じるなら、無理に群れる必要はない。クリボーとノコノコのような人生より、颯爽と走り抜けるマリオになろう。価値観の違う凡人と話をしても、クリボーにマリオの悩みは理解できないのだから、粛々と実力を磨けばいい。そうすればピーチ姫のようなステキな異性を捕まえられるし、同じように孤高に生きてきた人とめぐり合うことができる。最近、マリオと他のゲームの主人公がコラボしてるけど、そんな感じよね。

 

 

孤立せず、孤独を選ぶために

f:id:kasiwabara2013:20170214114905j:plain

寂しさ、孤独感に不安を感じてませんか?この記事を読み終われば、漠然と感じている孤独の正体を理解し、成長できます。孤独が成長に必要だとわかるようになり、友達が欲しいという欲求が薄れるからです。

とはいえ、孤独は推奨しますが、孤立は避けてください。この違いは、「選びたくないのに一人ぼっちなのか、選びたくて一人を選んでいるのか」です。まずは孤立を避けるために絡みやすいオーラをまとっておきましょう。

 

話しかけやすい人になる

話しかけにくいオーラがプンプンの人は、孤立してしまいます。絡んでも大丈夫な柔らかな物腰でいましょう。ツイッターとかで「絡んでも大丈夫かな・・・」という微妙なツイートばかりしているアカウントがいますよね。人間味を感じさせる振る舞いも必要です。自分から話しかけに行くことも、話しかけやすい人だと思ってもらうのに有効です。

 

褒めるのが得意な人になる

人のいいところを見つけて褒められる人は、いい印象を抱かれます。褒めるよりも批判や、議論を持ちかけていたら、器の小さい人だと思われて嫌われます。あなたがイラストレーターだとして、フォローしている人がツイッターにイラストを上げていたらコメントを送ってみてはどうでしょう。褒められて悪い気分になる人はいません。

 

なにかの分野で腕を磨く

孤独でいるからには、なにか一つくらいは胸を張れる分野を持ちましょう。なんらかのフェスティバルで人気のサークルを運営するとか、ダンスイベントで観客を沸かせられるとか。実力のある人は単独行動をしていても、「颯爽と練習場所に表れる実力者」という認識をされます。

 

ベタベタせず、サラッとしたコメントを心がける

SNSでは特に、人にベタベタとコメントを送りまくるのは控えましょう。粘着してる時点で、人との距離感がつかめないコミュ障に思われます。まったくコメントをしないのもおかしいので、適度な期間をあけて、会話をしてみましょう。一回の会話時間を伸ばすよりも、短い会話を何度かするほうが記憶にも残りやすいです。

 

批判や陰口に参加しない

どこかで批判や陰口をしていると、「私も影であんな風に言われているのかな」と思われます。会ったこともない有名人の炎上に乗っかったり、身近な人の陰口を控えましょう。ガス抜きになっているように思えて、むしろ悪性の感情を作り出す最悪の行為です。一気に話しかけにくい人に変わりますから要注意。

 

 

孤独を愛すべき10の理由

f:id:kasiwabara2013:20170214114904j:plain

1,寂しい人、友達がいない人、かわいそうな人、と思う人こそ孤独を抱えている

 寂しい人だと思う人には、思わせておこう。そういう人こそ、孤独を恐れ、怯えている。

2,群れると自分が本当にしたいことが見えなくなる

 一人でいると感性が磨かれる。ちょっとしたことに怒りを覚えたり、喜びを見いだせるようになる。何がしたいのかも、ハッキリとわかる。

3,群れるとかえって、一人ぼっちは寂しいことだと錯覚する

 群れていると「一人ぼっちは寂しい」という錯覚を刷り込まれる。単独行動ができないことのほうが、ずっとダサい。

4,ゾロゾロと習いにくるグループより、一人で淡々と通う人のほうが成長する

 習い事にグループで同時に来る人が長続きすることは絶対にない。誰かが休むと「じゃあ今日は休もう」となるからだ。

5,一人でいるほうが声をかけてもらいやすい

 3人組よりも一人でいる人に声はかかりやすい。ナンパ師は3人組より、単独行動をしている人のほうに声をかける。

6,飲み会よりも読書を優先するようになったら大成する

 本の代金のほうが安いし、得られるリターンは大きい。健康の面でも圧倒的にレバレッジが効く。

7,服装も肉体も凛々しくならざるを得ない

 貧相な体でヨレヨレの服を着ていたら「ぼっちなんだな」と思われるが、鍛えた体に締まった服装を着こなしていれば「単独行動を好むんだな」と思われる。

8,ウェイウェイしてるよりも、ぼっちを選んだほうが、いい背中になる

 群れている大学生を見ると、姿勢が悪く、ビヘイビアもひどい。集団の心理で謙虚さを失ってしまうからだ。

9,孤高に生きる人は、他の孤高に生きる人と出会うから寂しくない

 孤独に実力を磨き続ければ、いままでなら絶対に声をかけられなかった人とも普通に会話するようになる。高いレベルの人とのつながりが生まれる。

10,いらないものにお金をかけなくなるから豊かになる

 飲み会をしまくっている大学生の部屋はごちゃごちゃしているが、豊かに生きている人の部屋はシンプルにまとまっている。

 

 

寂しい人、友達がいない人、かわいそうな人、と思う人こそ孤独に怯えている

孤独でいることが当たり前の人は、単独行動をする人を見ても特に感情を抱かない。必要があれば人の力を借りることができるし、いざという時に頼れる友人も持っている。常に群れていなければ友人ではないと思ってしまう感情の裏には、孤独に対する恐怖が根付いている。だから「あいつ、ぼっちだ」と煽る人間は孤独が怖いさみしがり屋だと理解できる。

 

群れると自分が本当にしたいことが見えなくなる

グループの中で固まり続けると、自分がやりたいことが見えにくくなる。周囲と同調することで居場所を確保しなければならないから、自分がやりたいことを無意識に押し殺してしまう。思考停止できるから楽ではあるが、本当にやりたいことを感じるセンサーを鈍らせる。単独行動をして自由時間を取り戻すと、自分がしたかったことを思い出せる。食べたいものを食べに行けるし、行きたかった店にも行ける。自分はどんなことに怒りを覚えるのか、喜びを見いだせるのか、何がしたいのかも、ハッキリとわかる。

 

群れるとかえって、一人ぼっちは寂しいことだと錯覚する

四六時中、群れていると「一人ぼっちは寂しい」という錯覚を刷り込まれる。大学生は特に顕著で、食堂に行くのも、図書館に行くのも、すべて友人と一緒。実は、単独行動ができないことのほうが、ずっとダサい。周りはそこまで気にしてないし、気にしている人は孤独を恐れるタイプの人だ。「あいつ、ぼっちだ」と心の中で煽ることで平静を保っている始末だ。

 

ゾロゾロと習いにくるグループより、一人で淡々と通う人のほうが成長する

習い事にグループで同時に来る人が長続きすることは絶対にない。僕は4年以上、ヨガの先生をやっているが、グループでゾロゾロと訪れる人が長続きした試しがないことを知っている。誰かが一人でも休むと、「じゃあ今日は休もう」「私も休むわ」となるからだ。結局、グループで来る人たちはいずれかに落ち着く。

  1. 全員来なくなる(一番多い。9割近くがこれ)
  2. 単独行動を覚え、バラバラに通うようになる(単独行動デビューおめでとう)
  3. めちゃめちゃがんばってグループで通い続ける(激レア)

結局、一人で通っている人のほうが粛々と実力をつけて成長していく。

 

一人でいるほうが声をかけてもらいやすい

3人組よりも一人でいる人に声はかかりやすい。3人組は3人組でないと話しかけにくいからだ。ナンパ師は3人組より、単独行動をしている人のほうに声をかける。AVを観てみると、大概は単独行動している女性に声をかけている。

もちろん、最初の心構えのところで指摘したように、話しかけやすいオーラを放っていないと話しかけられないが。経験則的には単独行動をしている人は魅力的な人なことが多い。

 

飲み会よりも読書を優先するようになったら大成する

大概の飲み会は3000円とかかかる上に、タクシー代も必要になる。宅飲みで安く抑えても、そのまま友達の家で雑魚寝になって次の日は体調がすぐれないということも。

ぶっちゃけ、本の代金のほうが安いし、得られるリターンは大きい。「みんなが飲んでいるとき、俺は成長している」と思うようになるといい意味で末期だ。健康の面でも圧倒的にレバレッジが効く。

 

服装も肉体も凛々しくならざるを得ない

貧相な体でヨレヨレの服を着ていたら「ぼっちなんだな」と思われる。単独行動をするには、見た目がみすぼらしいままではいられない。

単独行動ができる人は、一人で粛々とジムやヨガスタジオに通い、体を引き締める。習い事には一人で行くのが鉄則だからだ。かけるべきところにお金をかけられるから、服装などもシンプルでもシュッとしたデザインのものを買える。半年もしたら、颯爽と歩く姿が様になっているだろう。

 

ウェイウェイしてるよりも、ぼっちを選んだほうが、いい背中になる

群れている大学生を見ると、姿勢が悪く、ビヘイビアもひどい。立ち振る舞いが悪くなってくる。コンビニにいけばレジでモタモタとしていて、出入り口でも通行人の邪魔になっているのを見かける。

群れを作ると、一番足の遅い人間に歩調を合わせなくてはならない。歩くスピード、支度を済ませるスピード、夢に向かっていくスピードさえも。ぼっちのほうがすばやく行動できるから、夢に向かうスピードが段違いだ。夢に向かう人の背中はいつ見てもかっこいい。「サッカー選手にヨガを教えるのが夢なの」と語っていた女の子は、群れていた時期に比べて別人のような背中になっていた。

 

孤高に生きる人は、他の孤高に生きる人と出会うから寂しくない

孤独に実力を磨き続ければ、いままでなら絶対に声をかけられなかった人とも普通に会話するようになる。例えば、ヨガを習っていて、自宅でも一人で練習している人は先生にも劣らないレベルに達することがある。趣味だったが、そのまま仕事にしてしまうという人も多い。気がつけばヨガの先生の業界に関わるようになり、ヨガ教室でワイワイ話していたら絶対に知ることができなかったことを学べるようになる。レベルの高い先生とも友達になり、深くてもあっさりとした付き合いが続くようになる。

 

いらないものにお金をかけなくなるから豊かになる

飲み会をしまくっている大学生の部屋はごちゃごちゃしている。人が集まるたびにいろんなものを買い込み、捨てられずに残してある。いらないのに変なアイテムを買ってしまい、散らかっていく。二度と着ないイベントのTシャツとか、変な音が出る鳥のおもちゃとかね。ものが溢れている方が騒がしくて寂しさを紛らわす効果もあるからだ。

豊かに生きている人の部屋はシンプルにまとまっている。余計なものを買わなくて済むから、ガラクタが貯まりにくい。ものに寂しさを埋めてもらう必要もなくなるので、ぬいぐるみとかが散乱していることもない。自然と、お金の使い方が上手くなって豊かになる。

 

 

群れるクリボーよりも、孤高のマリオになれ

f:id:kasiwabara2013:20170214114902j:plain

大成する人たちは皆、究極的には孤独だ。マリオだって基本的に一人でピーチ姫をお助けに行く。必要があればヨッシーなどの力を借りるが、ずっと一緒にはいない。四六時中、弟のルイージやヨッシーを後ろに引き連れてるマリオじゃダサいし、クリボーやノコノコと群れていたらピーチ姫は見向きもしないだろう。

強くなるには孤独を選ぶことだ。単独行動ができることは、強さの証だ。弱くなりたければ、ウジャウジャと群れればいい。マリナーズのイチロー選手のような人は群れで行動しないし、ゾロゾロと友達を引き連れて練習に来ない。

孤独がかっこ悪いとか、将来が不安だとか、「友達がいない」という心配もいらない。単独行動で自分を磨いて魅力的になれば、姿勢のいい颯爽とした歩き姿が手に入る。ゾロゾロと道をふさぎながら歩く人生より、颯爽と歩む人生を選ぼう。

 

 

孤独がテーマの、おすすめしたい本

f:id:kasiwabara2013:20170214114906j:plain

孤独というテーマに関して、僕が愛読しているのがこの一冊。もともと単独行動が好きだったんですが、これを読んでからはより顕著になりました。この一冊の中から、こんな言葉を抜粋します。

50回飲み会を断った代わりに50冊本を読めば、1年後にはもう同僚とは会話が噛み合わなくなってくるはずだ。

その通りだった。飲み会は居酒屋にいけば3000円くらい飛ぶし、宅飲みでも1000円くらいかかる。酔いが抜けるまで一晩かかるから、時間も削られる。みんなが飲み会に行っている時間、僕はこの本を読む。まわりを差し置いて成長していけるのが、なんとも楽しい。

 

 

こんな記事もあります

 コミュ障と、孤独を選べる人は違います。コミュニケーション能力は技能ですから、練習をすれば磨けるものです。磨き方を知らないだけ。

yuta.ituyoga.com

yuta.ituyoga.com