ITUYOGA

特定の流派には属さないハートオブヨガという理念を持ったヨガの先生。

煩悩の108とは?インド哲学大好きなヨガ講師が2つの説から解説します!

f:id:kasiwabara2013:20161231203945j:plain

 こたつに入り、紅白歌合戦の様子を眺める。親戚が実家に集まり、毎年のように食事やお酒を楽しむ。紅白が終わるとお寺の鐘が鳴らされるシーンが始まります。

そこでいつも思います。「煩悩の数108って、どんな意味があるんだ?」と。

インド哲学が大好きで勉強してきたヨガ講師の僕が調べた理由をご紹介します! 

 

煩悩108の六根説

人間には感覚をつかさどる6つの感覚器官があります。これらを六根と呼びます。

  • 眼:見る
  • 耳:聞く
  • 鼻:嗅ぐ
  • 舌:味わう
  • 身:触れる
  • 意:考える

この六根に心地いい、不快、どっちでもないの3種類に区別されます。

  • 心地いい
  • 不快
  • どちらでもない

さらに浄、不浄の2種類に分かれます。

  • 不浄

さらに時間軸。過去、現在、未来の3種類に分かれます。

  • 過去
  • 現在
  • 未来

これらの数字を掛け合わせると

6×3×2×3=108

 

煩悩108の9の倍数説

108とは充足を象徴するといわれ、こんな数式に分解できます。

9×12=108

 

12はあちこちで見る数字ですよね。

  • 天秤座や牡牛座などの12星座
  • 1月(睦月)から12月(師走)までの12の月

9はインドでは神の数字といわれています。 ”9の倍数はくっつけると9に戻る”ようにできています。 どういうことかというと。

9×2=18 →1+8=9

このように9に2をかけて18になりました。1と8に分解して足すと、9に戻りました。ほかの数字でも試しましょう。

 

9×12=108 →1+0+8=9

と、このように9に戻ります。どうぞいろいろ計算してみてください!!

煩悩があることは悪い?

煩悩があることが悪いことだと多くの人は言います。本当にそうでしょうか?僕はヨガを数年にわたって練習し、瞑想を日課のように続けています。

僕の周りにもヨガの修行を続けている人はたくさんいますし、瞑想の修行をかなりの時間している人も多いです。

そんな人たちですら、煩悩をなくせずにいます。熱心に修行している人ですらそうなのです。

 

煩悩は生きる上でなくてはならないものだと思います。動物として欲求を持つことが当たり前です。

欲求がなければ科学も発展していません。あなたが今扱っているスマートフォンやパソコンも生まれませんでした。

戦争だって、生きるために必要なことですし科学の発展に貢献しています。パソコンが戦争の産物だというのは広く知られています。

 

なので私たちは煩悩を消し去るのではなく、煩悩と上手く付き合っていくことではないでしょうか。

どんな欲求を持っているのかを理解していれば、付き合い方を考えることもできます。

  • のどが渇くとすぐにコーラを飲む
  • 疲れるとヘッドホンでお気にの曲を聴く
  • 頭を使うとチョコが食べたくなる

 

そんな煩悩の癖みたいなものを知っておけば、上手く自分と付き合って生きていけるのでは?

 

 

2017年が良い年となりますように。

 

煩悩リセット稽古帖

煩悩リセット稽古帖

 

 

こちらの記事もどうでしょうか?

yuta.ituyoga.com

 

108にちなんでガヤトリーマントラの動画を置いておきます。


Gayatri Mantra ( 108 peaceful chants ) (NEW)